トモヒコ・ホシナさん

日比ハーフの柔道選手 … 保科知彦さんがロンドンオリンピックに出場しましたが残念ながら1回戦で韓国選手に敗れてしまいました。私は運が良かったのか悪かったのか「中継LIVE」を見ましたよ。

外見は全く日本人 … ちょっとポリネシア系かな ?!? はじめは見間違えちゃいましたね(はっきり言ってマレー系のフィリピン人には見えません ! ) … 後から詳しく分かったことですが日本人のお父さんは柔道家で保科さんご本人は日本で教育者ということです。オリンピック終了後の日本での活躍を期待したいですね。

多くの「日比混血ハーフ」に大きな希望を与えたことは間違いの無いことですね。

頑張れ トモヒコ・ホシナ !

関連記事
日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれ、日本で育ったトモヒコ・ホシナ(保科知彦)さんが、フィリピン代表として男子100キロ超級に出場。1回戦で金成民(韓国)に敗れ、「やっぱり力が強かった。不完全燃焼です」と悔しがった。

静岡県富士市で生まれ、柔道家の父の影響で12歳から競技に取り組んだ。現在は横浜国立大の大学院に在籍するとともに、群馬の高校で保健体育の教員をしている。「生徒たちには、応援してくれたので申し訳ない」

ハーフということで、幼少期にはつらい経験もあった。「ハーフの子どもはコンプレックスもあって。消極的になりやすい。自分や(同じ日比ハーフの)AKB48の秋元(才加)さんのような存在が自分らしさを出すことを示せれば」と話していた。(時事)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中