困窮邦人予備軍 ?!?

「フィリピンパブで出会った彼女と結婚したい!」という日本人男性に、探偵のプロが助言!

このところ私に身の回りで頻繁にかわされる言葉「困窮邦人」 … 現 SNN会長岡昭さん(元セブ日本人会会長)なども連載コラムなどを通じてフィリピンの実情を訴えている。この男性のケースはまさにこの困窮邦人予備軍と言っても200%間違いないでしょう。もしも閲覧者の中にこのようなケースに似たかたが居られたらもう一度お考え直しくださいね。

日本人の中には海外に出ても良い方といけない方が居るのですね。特に「仕事」 … 事業を興したいなどのケースでははっきりしています。仕事をしちゃあいけない人と良いひと !

「フィリピンパブで出会った彼女と結婚したい!」という日本人男性に、探偵のプロが助言!

私にしてみれば「馬鹿らしいけれどやっぱり読んじゃった。」関連の記事ですがね。

思い出せば私もその”困窮邦人予備軍”の一人だったかもしれませんが結婚して22年が経ってしまいました。もしかしたらまだ気がつかずに居るのかもしれませんがね。

でも別の意味で困窮しています。^^;

帰国前にちょっぴり「辛口投稿


【質問者:40代男性】
私にはフィリピン人の恋人がいました。出会った場所は日本のパブですが本気で恋に落ち、彼女と所帯を持つことを考えましたし、彼女もそのつもりだったと思います。しかし、わけあって彼女はフィリピンに帰ってしまいました。どうしても忘れられません……。どのようにして追いかければ良いですか?

「騙されているから目を覚ませ」というような助言は結構です。馬鹿だアホだと罵られようとも、私は本気でした。

●A.東南アジア女性との国際結婚の難しさを理解する必要があります。その覚悟が出来ているのなら、まずは会いに行ってみたらどうでしょう?

こんにちは! 火消し探偵の山木です。今回は実に勢いのある質問ですね。

実際に質問者様のようにフィリピンなど、東南アジアの女性に入れ込んで結婚を考える方は珍しくありません。珍しくはありませんが、結婚までたどり着いた人は少数なのです。

なぜ少ないのかの事情をお分かりなのでしょうか?

彼女たちとの出会いと恋についてとやかく言うつもりはありません。むしろ、そこまで気持ちよく言い切れる清々しさは「恋」本来のときめきを味わい尽くしていますし、羨ましいとさえ思います。

でもね、結婚だけは別なんです。

私はよくカンボジアに行きますし、仕事上付き合いのある方はベトナムやフィリピンに頻繁に行っています。

そこで見てきて聞いて分かった真理が1つ。

●現地の人間からして「日本人」は特別なんです。

何が特別だと思いますか? 日本人であるだけで、お金を持っていると周りが思うことなんですよね。

特に水商売の女性は、99パーセント日本人は「金持っていて、スケベでシャイ」だと思っているでしょう。そして、「ボーイフレンドとしてゲット出来たらラッキー」とも思っているでしょう。

彼女は違う! と質問者様は憤慨されるかもしれません。そうかもしれないですが、少なくても彼女の周りはそう思いません。

日本人と付き合っていると知られた時点で、「娘はお金を運んできてくれる!」と家族には思われるはず。東南アジアの水商売の女性の大多数が、家族を養うために働いていることを忘れてはいけません。

特に東南アジアは女が働いて一家を養うという習慣が少なからず残っているので、金持ち(本当に金持ちであるかどうかではなく、日本人という時点で現地人からしてみれば金持ち)と付き合っている娘は、家族にお金を落とす義務があるとさえ思われる。

私の知り合いは、フィリピンで彼女の家に遊びに行ったら、彼女の従兄や叔父にまで金をせびられたそうです。同じく私の知り合いは、ベトナムで正月の一家で過ごすお祝いの金を出してくれと言われました。付き合い出して数週間後に、彼女の兄貴がバイク買ってくれとあなたに言い出すことは珍しいことでも何でもありません。

付き合っている時点でこうなのですから、結婚したらどうなるのでしょう?

質問者様の彼女は、こうしたお金のゴタゴタに質問者様を巻き込みたくないから、質問者様を連れずに帰国したのかもしれません。帰国した事情が分からないので確定したことは言えませんが、愛しているから遠ざけたということも考えられます。

お金だけを考えているなら、日本人のカモを手放すわけがないですから。

東南アジア在住20年の知人が、「どんなに好きでも結婚は迂闊にするな。その子は大丈夫でも、家族がどうだかは分からないから」と言っています。

家族間の繋がりが日本とは比べ物にならないため、前述した彼女の親戚にお金をたかられる覚悟くらいはしなければなりませんし、彼女の一家ごと面倒見ることになるかもしれない。

●質問者様にその覚悟はありますか?

日本に連れてくればいいと考えているかもしれませんが、結婚した時点で彼女の親兄弟には彼女を通じてですが、質問者様の財産に対して口を出せる権利というものが少なからず発生します。

その面倒臭さを受け入れられますか??

甘く楽しい恋の続きは見ない方が幸せかもしれません。

それでも構わない! 俺は彼女が好きだ! と言うのなら、質問者様の愛は固い決意に彩られている本物だと思います。少なくても、私はそう思う。

直ぐにフィリピンまで彼女に会いに行きましょう! 会って、「忘れられない。本気で好きだ」と伝えればいいのです。

その後どうなるかなんて、「God Knows」ですよ。

(ライタープロフィール)
山木陽介(探偵専門家)/火消し探偵。大手探偵社から2009年独立し、総合探偵社SKY株式会社を設立。日々あらゆる男女のトラブルの火を消化し10年目を迎える。「悩みを抱える人たちの支えになるのは、調査業も医療も一緒」という考えから鍼灸接骨院も設立。貴方の心の悩みも体の痛みも消してみせます!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中