まさに正論

あくまで私の意見ですが、「まさに正論」と言いたいですね。大阪府知事の意見だからいろいろと言われていますが、公人か私人かの意見で批判は様々あるかと思いますが、勝手に人を殺しておいて自分が死にたかったが死ねないので人を殺せば死刑になるだろうから人を殺した。なんとも”ねじ曲がった論理”ですよね。

しかもこの男刑務所を出てきたばかりでお金が200,000円しかなくて生きていてもしょうがないと思ったなどと言っているそうです。本当に生きていてもしょうもない人間です。江戸時代ではありませんが、「市中引き回しの上打ち首獄門」ってとこでどうでしょう ?!? 破れ傘刀舟先生じゃあありませんが「てめえら〜あ(この場合は”てめえ〜あ”)、人間じゃあねえ〜、叩き切ってやら〜あ ! 」ってのも良いでしょうね。

まず賛否の “賛” だが、日本のネットユーザーたちは
 
「まさに正論」
「誰もが思っている」
「おっしゃる通り」
「上っ面だけの発言するより遥かにマシ」
 
などの意見が出ている。
対して “否” の意見はというと……
 
「公人が言うべき発言ではない」
「ぶっちゃけすぎ」
「どんな理由であれ人に『死ね』というのはいかがなものか」
「自殺を容認するのはどうなのだろうか」

ネットユーザーは賛同意見が多いようですが …

時事ドットコムの記事

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中