良いアイデア

 『Wired』のライターであるJonah Lehrer氏は、「良いアイデアは」誰かに話すまえに、数日間はアイデアを寝かした方がよいと言っています。と言っても私の場合、アイデアは良く寝ている時に浮かびますが目が覚めた時には既にとうく彼方に忘れ去っているという事が常です。ですから思いついたアイデアは直ぐに人や上司に話したくなってしまうのですよね。

 これからは iPhone の Memo や To do に書き留めるとか何かに紙切れにでも書き留めておく事にする事にしましょう。

 時にはこんな事もありますので少しアオデアを寝かしてから人に話す事も大切だ思います。 … どんな凡人でもあと知恵ならば常に天才の領域であるものですが、どうしようもないアイデアを実行してしまった後も、よくよく考えると、そのアイデアのどうしようもなさ、というのは明白だったりします。

 自分の賢さをできるだけ示したいと思うのは自然なこと。しかし、人間の脳はよいアイデアと悪いアイデアの違いをただちには認識できません。

 アイデアは時間をおくことが重要です。そしてその間、何か自分を幸せにすることをしてください。なぜなら、クリエイティブな仕事を評価するときには、ポジティブなムードで行う方がよいからです。2~3日の休暇をとってリラックスした後であれば、「このアイデアはもっと時間をかけたほうがいい」とか「どのアイデアが優れていて、どのアイデアが使えないのか」といったことが自然とわかるようになるでしょう。

 とくにクリエイティブなことを思いついた場合には、そのアイデアが良いアイデアか悪いアイデアかを知るために少しアイデアを寝かせましょう。

How Do We Identify Good Ideas? | Wired

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中