YAMAHA Mio

 購入した”原チャリ” YAMAHA Mio(タイ製 100cc) を「俺流カスタマイズ」しています。ライト類は交換済み、ホイル&タイヤ交換済み、マフラー社外品に交換、ボディカラーが白(パールホワイト)だったものを銀色(シルバーメタリック)に塗装中、金属部品でメッキ出来るものは外してメッキ済み、ミラーをメッキタイプに交換済みと現時点で出来る事を端からやってます。

 こういった作業をするなかで日本人的感覚ではまあ有り得ないと言う様な事がここフィリピンでは日常的にその作業のなかに出てきてしまうのでフィリピン人にはけっして全ての作業を任せられるものでは有りません。新しい事をやった事も無いのに「それは出来る ! 」といとも簡単に言って退けてしまうそのテクニシャンの無神経さにはただ呆れるばかりですね。

 今日はボディーを塗装中ですが昨日ネットで調べて画像をプリントアウトして持っていってやりましたが、その場では何か理解したようでしたが出来上がりのほどは如何なものか … ?!? とても心配です。

 後は今回のカスタマイズで一番肝心なエンジンマウントのステーの製作です。マウントを15㎝延長してエンジン(ミッション)部を後方に置くのです。それに伴いアブソーバーもシャックルを使って延長してやります。各種ワイヤー類やホースも長いものを用意しなければなりません。テクニシャンに説明をするのですが説明の真意を理解しているのか ? していないのか? 私にはさっぱり理解出来ません。

 これが日本ならばネットで注文して明日には届けられ、それなりに装着、走行が出来てしまうのでしょうが、悔しいかな私の住んでいるのはフィリピンのセブ島です。

 この続きはまた後で … !

広告

YAMAHA Mio」への2件のフィードバック

  1. Harry伊藤です。
    昔、僕は車を山用(峠用)にカスタマイズすることを楽しんでいまして、サスペンションやマフラーなどをいじって遊んでいました。今の車は中古のアコードですが、エキマニとマフラーが無限の物に交換されており、未だにドロドロ言いながら走ってます。マシンの(それが車であれバイクであれ、パソコンであっても)カスタマイズは面白いですね。日本だとオカニがかかるのが難点ですがね~

  2. Harryさん、お久しぶりです。
    今回は私の場合、車は燃費の面から買い替えたいが売るの売れない … かといって車では高すぎる … 安いバイクでカスタマイズと言う図式になってしまった訳ですねえ !!

    今週水曜日くらいまでには出来上がるつもりですがフィリピンスタイルの仕上がり予定ですから週末までに出来れば良いとしましょうか !!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中