TOYOTA Mega Cruiser

高機動車(こうきどうしゃ)は、陸上自衛隊が装備している人員輸送用車両である。

概要

トヨタ自動車が開発し、1990年代初頭に陸上自衛隊に採用された人員輸送用自動車。製造は日野自動車が担当している。現在では配備が進み、殆どの普通科部隊に配備されている。自衛隊専用で市販はされていない。
価格は一両辺り約700万円弱で、基本型と派生型を含めてこれまでの製造台数は累計3,000両を越え、現在も調達が続いている。
普通科(歩兵)の小銃小隊1個班(10名)の輸送や、火砲、トレーラーなどの牽引にも使用される。本車輌をベースとした派生型も多数存在している。陸自が開発に加わっていることと、陸自内部での使用要望が多いことから、航空自衛隊と海上自衛隊では高機動車ではなく民間用メガクルーザーをベースにした車両を装備している。
防衛省は略称をHMV(ハイ・モビリティ・ヴィークル)、広報活動用として愛称を「疾風」(はやて)としているが、部隊内では「高機(コウキ)」とも呼ばれている。米軍のハンヴィーを捩り「ジャンビー」や「ジャパニーズハマー」と呼ばれた時期もある。

開発

1993年から各試験のデータ収集用として装備実験隊に十数両、普通科教導連隊に3個中隊分(連隊本部使用分を含め計30両程度)が実験的に配備された。翌年の1994年には第2師団の第9普通科連隊に数両[5]の他、第3普通科連隊本部管理中隊に2両、対戦車中隊に1両、第25普通科連隊(車番は06-0118まで)の各中隊に9両ずつ配備され、第26普通科連隊(車番は06-0157まで)にも各中隊9両ずつ配備が行われた。94年に2師団への部隊実験配備が完了後は95年春に第1師団の第1普通科連隊へ納入が開始され、以降は本州の普通科連隊を中心に全国の部隊に配備が開始された。2010年春をもって全国の普通科連隊への配備が完了し、事後は車両損耗更新用に逐次入れ替え用として納入されている。
現在は初期型が廃車となりつつあり、現在普通科連隊に配備されている高機動車は2000番台が主流である。

特徴

基本構造
人員運搬や物資運搬など多用途に利用可能な、マイクロバスとトラック両方の性格を併せ持つ車両。災害派遣等、一般道路を使用する際は、73式小型トラックや73式中型トラックなどと共に使用される。
非装甲車両(ソフトスキン)であり、ボンネットはFRP製で、防弾構造になっていないが、一般的な積層方法で製造されるメガクルーザーに対し、高機動車では真空成型となっている。ラジエーターも一般の自動車同様、垂直に置かれている。
一部車両は運転席と助手席の間のスペースにエアコン装置を装着している。初期生産型はシートのリクライニング機構が省かれていたが、後の改良でリクライニングシートとオプションでCDプレイヤー付きラジオが設定された。
固定武装は無いが、銃架をロールバーに取り付ける事で、普通科隊員が装備している5.56mm機関銃MINIMIを据え付けて射撃する事が出来る。
現在生産されている73式中型トラックと本車のシャーシは、4WSの有無、ホイールベース、ばねレート以外は共通となっている。

エンジン
エンジンはダイナ / トヨタ・トヨエースなどに使われていた直列4気筒の直噴ディーゼルである15B型を4バルブ化し、インタークーラー付きターボを装備した15B-FT型で、排出ガス規制に対応し、後に電子制御の15B-FTE型に変更された。
ドライブトレインは、任意にロックできるセンターデフを持つ、フルタイム4WD。デフには前後ともに電動デフロック機構対応のトルセンLSD(タイプA)を装備している。さらに、3次減速装置としてハブリダクションドライブを持ち、それに伴いホイールブレーキはインボードマウントとなった。
初期型のエンジン始動は夏場でも一定時間ON状態にして予熱と電気系統のチェックを必要とする反面、B型エンジンの長所として始動が早い。現在生産されている車両は予熱をあまり必要としない分、初期型に比べ、長くスターターを回す必要がある。

サスペンション
ハブリダクション機構によってドライブシャフトが車輪からオフセットしている。またインボードのブレーキローター(錆色の部分)が見える。
筒状のものはタイヤ空気圧復帰用のエアタンク。
サスペンションは4輪ダブルウィッシュボーンで、ハブやサスペンションアームは4輪ともにある程度の互換性を持たされている。後輪に油圧式操舵装置を持った逆位相4WSを採用している。これは、最小回転半径を小さくするための機構だが、高速走行時にも大舵角を切れば後輪は前輪とは逆位相で動くため、パニック操舵時の安全性には問題が出る場合がある。センタリングスプリングによるフェイルセーフ機構が備わっており、油圧系統の異常時や、エンジンが止まり油圧が下がると中立に戻る。またハブリダクションを採用しており、最低地上高の確保に配慮が為されている。
ダイナやランドクルーザーなど、市販車の技術を応用しているため一般路での走行性能は高く、大きな最低地上高、タイヤ空気圧調整装置、幅広大径タイヤの採用による低接地圧などにより、路外機動性も確保されている。ランフラットタイヤを採用し、被弾しても運転席横パネルにあるスイッチを操作することで空気圧調整装置を最大限まで併用し、一般道での法定速度走行ができる程度は維持できる。ホイールとは別にタイヤ内部に金属製のリング状の幅広の金具(被弾等で空気が抜けた場合、金具がタイヤの内側で支える構造)を取り付けており、タイヤ交換時には金具を分離する必要があるため経験者による指導を受けながらの作業が必須となる。
メガクルーザー共々、タイヤは37×12.50R17.5-8PR LTと言う大きな上に特殊なサイズで、夏用・冬用共に専用品となっており、ブリヂストンの一社供給となっている。スタッドレスタイヤの銘柄はブリザックW965及びW945で、いずれも特注品となっている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中