本音を聞き出す方法

出典参考:本音を聞き出す8つの方法–現実に向き合うリーダーであるために

コミュニケーションホットラインを作る
電子メールでも、電話でも、紙を使ったツールでも構わない。どんな手段でもいいので、人々が自分の正体を明かして破滅することを恐れずに、本音の率直なフィードバックを返したり、質問したりできる手段を用意しておく。

顧客のオフィスや拠点を訪問する
コミュニケーションを切り開く最善の方法は、自分が身近な存在であり、相手に興味を持っていると示すことだ。いくら他の場所で起こっていることを気にかけていると言ったところで意味はなく、現場に足を運ばなければ十分な情報は得られない。

反対してくれる人を身近に置く
自分が聞きたいことだけを聞く態度であれば、そのことはすぐに知れてしまう。健全な議論を歓迎することを示せば、違ったアイデアを聞ける可能性も高くなる。

気軽に歩き回る
真剣に本音のフィードバックや率直なコメントが欲しいなら、顧客や部下の前に姿を見せる機会を増やすことだ。廊下を歩き回り部下と立ち話をする、顧客の「様子を聞く」ためだけに時間を使うといったことをするといい。こうすることで、それまで聞けなかった話を聞けるようになるだろう。

組織で何が起こっているかを真剣に知りたいと思っている人は、上記のようなことをしている。していない人は、口でどう言っているかに関わらず、おそらく本当のことは知りたくないのだ。

 我が身に置き換えてみると実に耳の痛い事です。
実際に自分が仕事に就いてみると昔良くやっていた事ではあるのだが、このような事が気になるのはやはり仕事をしたいんだなと言う気持ちが僅かながらまだ自分の中に残っているんですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中