music 演人

 music 演人-engine- パイオニア、演奏者向け SNS「music 演人」で在宅セッション バンド

 音楽は好きなほうです … 私 ! 早速使ってみようかとダウンロード … しかしダウンロードがすっごく遅い、まあフィリピン(PLDT-DSL)だからしかたないと諦めつつも一抹の不安。サイトを使用するのに音楽再生、セッションでダウンロードスピードが問題になってくるのではないだろうか ?

 musicengine の御指定のグーグルのクロームはすでにダウンロードしてありましたので良かったのですが、Open-ID 私の場合は Yahoo ! Japan の Open-ID ですが、ログイン ID,Pass が … 何と言う事でしょうか G-mail の ID,Pass のフォルダを探しまくりやっと見つけて今登録し終わりました。新発売や β 版 の大好きな私ですから上手く使えるかどうかは分りませんが暇に任せて(自由な時間だけは人一倍ある私)”弄り倒して”みましょうかねえ。

 フィリピンで Jazz Bar …の bibi さん、大好きだよの singiさん、このサイトはちょっと”めっけもん”かもしれませんぜ〜え !

 私はこちらセブ島で恵まれないフィリピンの才能あるミュージシャンたちを集めて「インターネット仮想バンド」を結成してバンドプロモート(プロデュース)をしちゃいましょうかねえ … セブ島で仕事が見つからないので開業資金の掛からないこのようなネット・ビジネスはある種”狙い”かもしれませんね。それにゃあ人よりはいち早く立ち上げなくてはなりません。そうだ … ”東京の MIKE さん”(音楽関係ではプロ中のプロ !! ) 昨日も偶然に居酒屋「神楽」でお会いしたばかりだ … これも”何かの縁”と勝手に考えて早速、連絡を取ってみましょうかねえ。確か18日までセブ島にいらっしゃると言っていたから早くしなければなりません。

 パイオニアは2011年8月8日、インターネット経由で楽器のセッション(合奏)が行える SNS「music 演人(engine)」のベータ版を無償公開した。自分の演奏を録音してほかの人の演奏と重ねていくことで、自宅にいながらバンド活動をしているような楽しみ方が可能という。ベータ版の公開期間は2012年3月31日までの予定。

 music 演人では、まず参加したいセッション用の楽曲を曲名/アーティストやジャンル、足りていない楽器などの条件で検索して選ぶ。次に、楽器演奏の録音データをアップロードする。こうしてほかの人に演奏した曲に自分の演奏を重ねたり、自分の演奏にほかの人の演奏を重ねたりしてもらって、楽曲を作っていく。

 SNS としての機能を備えており、music 演人内の「セッション」「バンド」「パート」に対するコメント投稿、ほかのメンバーの「フレンド」登録、メンバー間のメッセージ交換、お気に入りプレーヤーやセッションの登録などが行える。ユーザーのホーム画面には、フレンドのやお気に入りプレーヤーの演奏履歴が表示される。コメント投稿は Twitter に対しても行える。

 セッションできる楽曲は、日本音楽著作権協会(JASRAC)の管理対象曲のほか、著作権の消滅した楽曲と自作曲。一部の楽曲については、曲の進行に合わせて表示が変わる楽譜を閲覧できる。この楽譜は、パート譜表示や範囲指定再生/リピート再生にも対応している。

 演奏を録音するには、エレキ ギターやキーボードなどライン接続可能な楽器か、ピアノやトランペットなどマイクで音を拾える楽器と、サンプリング レート44.1kHzのオーディオ インターフェイスが必要。対応 OS は、Windows XP(SP3)/ Vista(SP2)/ 7 と、Mac OS X 10.5以上(ただし、現時点で最新版の Mac OS X 10.7 Lion には未対応)。さらに、Web ブラウザ Chrome 12以上(最新の安定版は Chrome 13)と Flash Player Plugin 10.1以上も必要。

 なお、music 演人のログインには OpenID を使う。現在対応しているのは、mixi と Yahoo!Japan の OpenID。

 今日の音楽紹介は「君の詩」ビリー・バンバンです。
ビリー・バンバンは、日本の音楽グループ。菅原孝・進の二人による兄弟デュオである。ハブ・マーシー所属。お兄さんの孝さんは田舎静岡のローカルのレギュラーで出演していましたので何故か親近感があります。それと焼酎「いいちこ」の宣伝の曲のイメージがとても良いものがありますね。「琥珀色の日々」迷子のかわいい犬が雨の古都を歩き回る映像もビリー・バンバン(全ての楽曲で言える事ですが弟君の菅原進の甘〜い声が実に良い ! 私と一緒 ! バコ !! )の音楽と相まって印象的でしたね。

 どうでも良いですが因に私のいくつもあるカラオケの「十八番」は「さよならをするために 1972年 」です。あの頃は純情なギター少年だった !!



 * MIKE さんがプロデュースするフィリピン人歌手「TESUさん」が SM 横の「ホテル・ラディソン」のロビーでで毎週金、土曜日の夜にライブをやっていますのでセブ島在住の方で時間のある方は是非一度お聞きなっては如何ですか ? バックバンドが演奏を付けられればアドリブで日本の懐メロなんかも聞けるかもしれません。なにせ彼女の日本語の唄のレパートリーはかなりのもんがありますから … これ本当 !! 尚、リクエストはメモ用紙で結構ですが本人に手渡しでお願いします。その際、リクエストのメモ用紙と僅かばかりの”心づけ”もお忘れなきよう私からお願い致します。まあこのようなシチュエーションでのリクエストの常識と言えば常識ですがね ! バコ !!

PS: いつも「YouTube 画像」を貼付けていますがセブ・フィリピン在住の方やダウンロード・スピードに問題のある方は RealPlayer Downloder を使い RealPlyer Converter でご自分の PC に取り込んでお楽しみ下さい。尚、方法が分らない方はお気軽にお尋ね下さい。

 RealPlayer 公式サイト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中