良〜いんです !

 今日はちょっと辛口な投稿をしてみます。

 日本発かどうかは正確には分りませんが1990年代の第1次、2000年代の第2次の経済不況 … 今日(2011/08/08)また新たに始まろうとしている「世界的大不況」 …. 不透明なアメリカ経済、ドル不安、アメリカ発の経済恐慌、「世界同時不況」が本当にやってくるのか ? 99% の確率でやってくるだろうね〜 ! 俺たち日本人(日本)は何処へ流れて行くのだろうか ? トヨタ、ソニー、日産など日本を代表する大企業の海外流出に歯止めはかけられるのだろうか ? (既に出てしまっている !! )震災後ダメージの広がる日本国内に多くの大企業は留まるのだろうか ? 留まるような事はしないだろう !! 経済的弱者の私たち高齢者は日本国内に定住し続ける事はできるのであろうか ? 今後いろいろな問題が出てくる事でしょう。

 そこで今日のブログは日本国内最近ではあまり取り上げられなくなりました「海外移住」ですがインターネットや出版書籍の出ていた記事を紹介しながら私なりの批評(意見)をしてみようというものです。

 さあ〜 ! ”逝って”みましょうかね〜え !!(初っぱなから表現の仕方がまずいかなあ ? )

フィリピン共和国

 太平洋に浮かぶ7107もの島々からなる国、フィリピン。アジア特有の雰囲気の味わえる大都市・マニラ、美しく快適なビーチリゾート・セブ。マリンスポーツ、エステ、ショッピングなど、フィリピンはバラエティ豊かな楽しみ方のできるプレミアムリゾートアイランドです。

 フィリピンはヨーロッパ・アメリカ・アジアの生活様式と文化が一堂に会しており、イスラムや仏教国の多いアジアの中では唯一のカトリック教国です。歴史的 に日本との関わりも深く、東京からマニラまで約4時間、日本最西端の与那国島からフィリピン最北のイアミ島の間はわずか480kmしか離れておらず、時差 も1時間しかありません。

 豊かな大自然と素朴であたたかな人々の笑顔。プレミアムリゾートアイランド フィリピンで素敵な休日をお過ごしください。

 定年退職後の移住やプチ定住には国の正式名称や人口、面積なんかは関係ない事ですから省〜略 !

とある情報サイトの転機記事から …

物価 日本に比べ 10 分の 1 程度のものから 5 分の 1 程度の物価です。

種類 数量 料金(ペソ) 料金(約 円)
お米 フィリピン米 1kg Php 40-50 80-100円
日本米(あきたこまち) 1kg Php 150-200 300-400円
水(5タンク) 5ガロン Php 30 60円
牛肉 1kg Php 180 360円
豚肉 1kg Php 140 280円
鶏肉 1kg Php 140-150 280-300円
ブラックタイガー 1kg Php 400-450(10cm) 800-900円(10cm)
キャベツ 1kg Php 30 60円

フィリピンでの生活費は生活レベルにも左右されますが、 月 7 万円前後 が目安です。
一般的なメイドの給与は、月千ペソ(約 2 千円)からで、介護などを行う外国人向けの高給メイドは高くても月 2 万円以内となっています。

<夫婦二人の一ヶ月の生活費>
・日本の約5分の1程度。
・ライフスタイルによって異なりますが、夫婦二人で一ヶ月当たり、 8~10万円 / 月々程度 。(食費、光熱費、交通費、レジャー費など)が一般的。
・人件費が安いため、メイドやドライバーを10 , 000円~ 15,000 円 / 月で雇うことができます。(メイドを雇うことにより、自由な時間を確保できます)

↑ よくもこんな情報を信じさせてフィリピンに移住定住させようとする組織があるものですねえ … 信じられなあ〜い ! 試算が甘過ぎますよ … どう見たってフィリピン人の裕福層なら出来ますが、日本で暮らした人にはこの程度の暮らしは無理です … はっきり言ってできません ! 2〜3カ月後には”御帰〜国 ! ” ですね。 フィリピンに住んでいる者として是非とも今すぐにでもこんな理想を絵で描いたような情報は止めて頂きたい。近年増えつつあるインターネットを使った「年老いた裕福年金生活者」をターゲットに暗躍する「移住ブローカー」としか思えませんなあ〜 !! 

 月8〜10万円で日本の約5分の1って … 日本で年金や月の生活費に40〜50万円も使っている人を対象にセブ島移住を奨めているんですよねえ …

 ↑ 記事の内容は … !?! そのような階級の人はセブ島なんかに来て暮らさなくてももっと選ぶ場所ってのがあるでしょうにねえ !

 口を酸っぱくして何度も大きな声で言いますが「インターネット上でのブログ」を使ったこの手の「商売」にはくれぐれも注意が必要です。

 月7万円ではとてもとても移住生活などしていけません … 移住情報サイトの”甘い言葉”に踊らされてはいけません。

 お金に不自由な人や日本に帰る場所の無い人はこれから移住や定住を考えてはいけません。

 2011年8月 … 現在は10,000円でおよそ5,200ペソの換金率ですから7万円で換金して想像してみて下さいね。日本人が住む住環境では最低でも月20,000〜25,000ペソは掛かりますし食費はどうするの ? フィリピン人が食べているような食べ物を日本から来た移住者とがどれくらい口にする事ができるでしょうか ? 買い物に出る交通手段はどうするのかなあ〜 歩いて行く訳にも行かないだろうし、タクシー代だって高くなっていますよ。

 メイド(最近では月3,000ペソでも良いメイドが見つからないとの話も聴きます。)やドライバー(プライベート・ドライバーの居る定住、移住者は私の回りで見た事はありません。91歳のK氏は居ますが … この方は特別 ! )まで雇っちゃうんですからかなりの高額出費ですよ〜 ! 暇な時間は如何して過ごすのでしょうか ? 知らない土地でも知らない世界の中でただ時間だけの過ぎていくのを過ごすと言う事はとてつもなく忍耐のいる作業だと思いますがねえ〜。

 私は到底このような金銭感覚でフィリピン、セブ島に来て生活しようなどとお考えの方(情報誌を鵜呑みにする方々)には決して来て頂きたくありません。現地フィリピン・セブ島での日本人に対する諸物価高騰の火種を創りかねないからです。悪い前例を作ると言う意味ですがね。それとこういった考え、甘い囁きに乗るようでは定年後や老後の年金生活移住、定住の失敗は目に見えているということです。

 それぞれの国にはそれなりの公的機関(大使館、領事館)がありますし、任意の団体で日本人会などがありますから是非ともアドバイスをお受けになる事をお奨めします。インターネットは「振り込め詐欺」にも似て危ない世界ですよ。簡単に信用しないで下さい。 最近は個人でやっているブログが数多くありますからその中から厳選して自分に合う情報を得る事が一番賢いやり方なのでは無いでしょうかねえ !!

 各種情報誌、ブログを閲覧していたら書いてある事にある程度の偏りがあるように感じられますが、ここではあえてそのような記事を紹介するのを止めにします。それは商業主義(営利目的)の情報があまりに多いと言う事です。その情報からあるサイトへと導こうとしている事が「ミエミエ」でやんなっちゃた。多数の同系列ブログを開設してその情報(書き込み記事)を共有して私たちの情報を信じて疑わなければ移住、定住がすごく良い事のように知らせて引き込む手口 … これはもう立派な犯罪ですね。こんな事をおおっぴらに公開のブログで書くとかなりのご批判や意見、反論はある事を覚悟で書いています。(私自身、それに対する「反論材料」は持っているつもりです !! )

 過去には高齢者を対象にした移住、定住、介護の「詐欺ビジネス」が横行したフィリピン・セブです。十分注意するにこした事はありません。いつも口を酸っぱくして”逝って”いる事ですが「何事も自己責任」でお願いしますよ〜 ! そこの聞いてない貴方 … 「逝って良し ! 」バコ !!

 マクタンの高齢者コンドミニアムやタリサイの介護施設 … いろいろあるね〜え ! …「詐欺話」

 いろいろと書きましたが私は「フィリピン・セブ島への移住・定住否定論者」ではありません。どちらかというと数少ない”賛成派”かもしれませんよ ! 信じるも信じないも貴方次第と言ったところでしょうかね。何事も自己責任 ! フィリピン、セブ島、マクタン島は危ないところ … 確かに外国ですから日本に比べれば安全性は劣ると思いますがねえ。

 こんな情報を発信して良いのかなあ〜 ?!?

「良〜いんです ! 」私のブログなんだから … !!




* ご意見ご質問はコメント欄(公開)より受付ています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中