Deep People ?!

 あるある ! … 某国営放送で関根勉が司会をしている番組で何かに秀でた人たちを紹介するあの番組です。この番組タイトル “Deep People” … “Rock Band の Deep Purple” を捩ったのか ? このバンドの有名な曲のワン・フレーズが挿入される。私はこのバンドの昔からのファンで良く聞いています。残念ながらこのバンドが活躍した時代はかなり昔の事であり、何度か来日公演もありましたが私自身が生徒であったり学生であったりしたので東京、名古屋、大阪などでの公演に出かける事は出来ませんでした。でも1990年代だったと思いますが「王様」と言う関西人だったと思いますが、まさに王様のコスチュームを付け日本語の歌詞を付けてコピーしたミュージシャンが登場した時には驚かされたものでした。上手いと感心させられるやら、何故か滑稽だったりして回りの友人に無理矢理に王様の音楽を聞かせたものでした。そして何故かその人たちは私と同じように「なかなかやるじゃん ! 」、「格好にしてはやたら上手すぎる ! 」というものでした。でも本家の Deep Purple が一世を風靡していた頃に登場してもきっと認められなかったと思います。私のような年齢であの頃を懐かしく思う段階の Rock Fan であるからこそ “ウケた ! ” ので何でもずっと長く信じて続ければいつかは認められると言う事だと思いました。

 私の場合まず Deep Purple といえば Ritchie Blackmore リッチー・ブラックモアによるギターの速弾き、印象的なリフは非常に有名で、速弾きの元祖とも言われている。特に「ハイウェイ・スター」や「紫の炎」などに見られる速弾きのテクニックは、その後の多くのギタリストに影響を与えた。また、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」のリフは彼らの楽曲の中ではもっとも有名な楽曲となり、TVやCMでそのリフが多用され、ロック・スターを夢見る多くのアマチュア・ミュージシャンに多大の影響を与えている。ストラトキャスター、もしくはそのコピー・モデルを手に入れて、まず「スモーク・オン・ザ・ウォーター」のリフを弾くギター・キッズは今も多い。他にも「ブラック・ナイト」のリフが有名。もしかすると私のストラトキャスター好きはここから始まったのかもしれませんね。兎に角私の時代はギブソンのレスポール全盛時代でしたから … ジミー・ペイジの影響かな ?!? 確かジミ・ヘンドリックスもストラトスでしたね。

 今になって考えるとこの時代と言うか Rock やってた人はやっぱり「一種の”不良”」だったんだなあと思う。よくコンサートに言ったりすると「停学処分」なんかがありましたよね。指導者、教育者たちはある意味真剣になって不良から善良な生徒や学生を守ろうとしていたんですね。でも年を重ねるとそれも良い思い出となり改めて聴く機会があると「なかなか良いじゃん ! 」なんって再認識するものです。

 「フェンダー・ストラトキャスター使い」で有名なところとしてはジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、勿論、リッチー・ブラックモア、デビット・ギルモア、イングヴェイ・マルムスティーン、この中でも Eric Clapton の使用した Blackie はクリスティーズでの落札価格でも有名になりましたが、抜群の知名度を持っていますね。



この YouTube は静岡市内のライブハウスのものだそうです。近場ですが私は知りませんが … ?!? こんな良いところがあったんだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中