再”起業” … ?!?

 ”一時帰国”する事にしました。痛みのある状態で長く滞在していても落ち着きませんので一度帰国して検査をしてもらう事にしました。場合によっては「内視鏡」による簡単な手術となるかもしれませんが、それもセブ島で長く生活する為の”年老いた体の手入れ”、”メンテナンス”と考えてみる事としましょう。オーバーホールなんって大それた事のなる前の手入れですね。6月2日(木)の成田行きの PR-434 便で機上の人となります。久しぶり(2ヶ月ぶり)の日本ですがどうでしょうか ? お変わりありませんでしょうか ? 放射能による汚染は大丈夫でしょうか ?

 そういう私自身は病院の検査やなんかで既にかなりの”被曝状態”だと思うのですが、病院の管理下ですのでまだまだ許容の範囲の被曝で収まっていると思います。木曜に帰りますので金曜には一番で市民病院の外来へ行って主治医に取り付けて来週はじめの「手術予約」をしたいものです。そのあとはのんびり骨休めとして10日〜2週間ないし3週間で戻ってきたいと思います。しかし昨日の電話では年老いた母親が「ここ1週間、体調が優れない。」と言っていましたのでその都合もありますので、帰国については全く予測不能とでもしておきましょうかね。

 日本に帰るといつもの事ではあるのですが年老いた母親が私の一番の問題です。母親自体の生活に付いては健康面では良いと思うのですが、何ぶん一人暮らし「気持ちの問題」ですよね。帰国するたびに資金面は援助するから日本でまた起業しろとの話ばかり … 今の日本の経済状況から地方 … 特に私の住んでいる地域はずいぶん疲弊しきっていて起業には最悪の状況です。その資金をセブ島でという話には絶対に応じない母親ですから、私のセブ島での貧乏生活からの脱却はいつまで経っても非常に難しいのであります。でも”何も考えない”、”何もしない”セブ島での生活が何より好きな私ですから、それでも良いのです … それで良いのだ〜あ ! … バカボンのパパなのだ〜あ !!

 お出かけですか〜あ ?!? れれれのれ〜え ! 「ええ、ちょっと日本まで … !!」

 日本での「起業」資金面では気にしなくても良い「起業」スポンサーは”母親” … 何があるかなあ〜 ?!? でもこの年(55歳)をしてもう失敗は許されないだろうし … と考えるとその資金を年金までの繋ぎ資金にしてしまおうなんて、かなりネガティブ(ディフェンシブ)に考えてしまうんですよねえ … それでは駄目だと重々分っているのですが危険な道には足を踏み入れたくはないという臆病な気持ちが先に立ってしまうのですね … 若い頃には考えられない思い切りの悪さですね。もしも30代の頃だったらあれもこれもともう大変な事になっていたでしょうね。

僕は自分が行こうとしていたところにたどり着かなかったが、僕が行かなくてはいけない場所にたどり着いたようだ。
 ―ダグラス・アダムス

 僕が行かなければいけなかった場所はここセブ島だったのだろうか ?!?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中