MAZDA 787B

LE MANS公式サイト


MAZDA 787B 1991年 ル・マン優勝車

 優勝マシンを再びサーキットへ-。マツダは20日、1991年にフランスのルマン24時間耐久レースで優勝を飾った「マツダ787B」を、今年6月のレース開始前に、現地でデモンストレーション走行させると発表した。
マツダ787Bは、ルマンで優勝した唯一の日本車。欧州の観衆が見守る中、「がんばろう日本」のステッカーを張った栄光のマシンがサーキットを疾駆する。
 デモ走行は、レースを主催する「フランス西部自動車クラブ」の招待で実現。
4月に本社に届いた書状には、東日本大震災の影響を受けた日本のメーカーであることや、奇跡の優勝マシンであることなどが招待理由として書かれていたという。
 レースは6月11日午後のスタートで、前日10日にルマン市街地でのパレードに参加した後、レース当日は、開始前に全長約13.6キロの「サルテ・サーキット」をデモ走行する。
優勝時にハンドルを握ったジョニー・ハーバートら外国人ドライバーも駆け付けるという。マシンは今月27日に広島県府中町のマツダ本社から搬出され、空路フランス入りする。
 ルマンでロータリーエンジンを搭載して優勝したマシンはマツダ787Bだけ。通常のレシプロエンジンに比べ、軽量化、コンパクト化できるメリットがあったという。
 ロータリー特有の甲高いエンジン音が特徴。当時、エンジン開発に携わった同社プログラム開発推進本部の山本修弘さん(56)は「マツダの熱い思いと期待を乗せて、ルマンで再びロータリーサウンドを聴かせてほしい」と語った。(2011/05/20-19:04)

 この年(1991年)のザウバーメルセデスは787B よりも100kg以上重かったからその分パワーを出す必要があったから熱対策的に苦しかったといわれる。 前年出場回避したので経験値が下がったことも大きい。ザウバーメルセデスは短時間の速さはあったけれど「24時間の長丁場」マツダ787B と戦える総合的な強さはなかった。

 やはり “MAZDA” のレーシングドライバーといえば私の世代で「ミスター ル・マン」こと”髭と○○の寺田陽次郎”とすぐにイメージしてしまう。2003年にはル・マンに於ける長年の功績が認められ、主催者であるフランス西部自動車クラブ(ACO)の理事に迎えられた。

 何年か前にセブ島に長期滞在していた時にテレビ中継でメルセデスが空を飛ぶという「フライング・メルセデス」を中継で観た記憶が有る。今年もまたテレビでル・マンの中継が放送されると良いのだが果してどうだろうか ? せめて前日の “787B” のデモンストレーション走行の画像だけでも観てみたいものです。

 それにたしか某公営放送の「Project-X」という番組にこの “787B” の放送があったような記憶も … “DVD” を探してみる事にしましょう。
 *「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」第29回放送
 「ル・マンを制覇せよ ロータリーエンジン・奇跡の逆転劇」(ロータリーエンジン・マツダとマツダスピード 後編 11月14日)

プロジェクトX はビデオから DVD にしたものを何十本かは所有するのですが、その中にはこの第29回放送分は残念ながら有りませんでした。”YouTube” で一部、二部、三部の動画を見つけましたのでどうぞ … ! 凄く良いですよ … 思わず何だか涙が出ま ! … 貴方がまだ日本人ならばきっと !!





広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中