日常に変化を …

 Google 社員が伝授する「メリハリのない毎日からサヨナラする、ちょっとしたコツ」
日々をルーチン化すると、折り目正しい毎日が送れ、生産性の向上にもつながる。しかし飽きてしまったり、新しいことに挑戦する意欲がなくなったりする。でもそんな時は Google 社員の伝授する方法を試してみましょう。

 このような状況に陥らないためのコツとして、30日間何か新しいことにチャレンジすることを勧めています。
日常のルーチンから、ちょっとしたことを足したり、引いたりするだけで、普段の流れを変えることなく、日常がポジティブになるそうです。

 どんな小さなチャレンジでもOK。たとえば、自転車通勤にするとか、毎日一枚写真を撮るといったことでもいいそうです。むしろ、いきなり大きなものに挑むよりは、小さなことのほうが続けやすく、自分のことを見つめなおすきっかけになるかもしれません。実践してみては如何ですか。

 私的には写真を撮ってみる事なんかは以外と再発見があって良いかもしれませんので早速やってみる事にしましょう。

 そしてもう一つ「自宅で仕事をするときのオン・オフの切り替え方法10」

1. 服を着替える
仕事モードに気持ちを切り替え

2. 仕事場を作る
日常の住空間とは別の場所を作る

3. 家族の写真を飾る
自宅の仕事場にも家族の写真をあえて飾る

4. 仕事時間を設定する
2時間ごとに1時間の休憩を入れるのが理想

5. 仕事中に家の雑用をしない
きちんと区別

6. 健康に気を配る
仕事中も健康に気をつける

7. 休憩時間をスケジュールに組み込む
休憩時間を組み込み、その時間はきちんと休憩する

8. 外に出て気分転換する
ほんの10分でも外に出てみよう

9. ファイル整理をする
仕事時間中に書類を整理する習慣

10. 仕事に自分でけりをつける
仕事を終えることに罪悪感を感じない

 私自身ここセブ島で暮らしている限り仕事をしている訳ではありませんが、仕事を日常生活に置き換えて考えて、実行、実践みたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中